定年後も安心して暮らせる住まい

住宅を購入する際には、住みやすい仕様にすることが大事です。

定年後も安心して暮らせる住まい

34歳 男性の話「住宅を購入する際には、住みやすい仕様にすることが大事です」

住宅を購入する際には、住みやすい仕様にすることが大事です。
住宅は非常に高い買い物なので、一度購入したら一生涯住み続けたいものです。

年をとると足腰も弱くなり、若い時には苦ではないことも辛くなってきます。年代とともに、住みやすい家にリフォームしながら住居を変化させていくことも有効ですが、建て替えやリフォームには高額な費用がともないます。住宅を購入する際には、定年後も安心して暮らせる住まいを検討すると良いです。

バリアフリーにしておくと、定年後はもちろん、小さい子供にも安心です。
定年後は階段の上り下りが大変になるので、無理なく上れる段差や手すりなどをつけておくと良いです。
室内は全て、車椅子が通れる通路幅にしておくことも重要です。
将来車椅子を使うことになっても生活ができる家にしておけば、大規模な修繕を行う必要がなくなります。
若いうちは健康で元気ですが、定年後は体が衰えてきます。高齢となった時の目線で住居の仕様を考えると良いです。

28歳 女性の話「人は仕事を終えたら」

人は仕事を終えたら、定年後は自分の好きな事をして暮らしたと思っている方が多いのではないでしょうか。そのためには、自分やパートナーと安心して暮らせる住まいが必須となってきます。
だから、一戸建てなら地盤、木造の耐震などのチェックが必要だと思います。戸建は土地そのものも自分の物となっている人が多いので、ある程度の築年数が経ったら、建物や地盤は大丈夫なのかメンテナンスとして見てもらう事も大切です。
あるいは一部リフォームもしてもらうといった方法も大事だと思います。
マンションは一戸建てとは違い、管理費等の料金を払っていれば、管理などは大丈夫なのでその点では安心です。

しかしやはり、マンションを購入するときには周りの治安や地盤がしっかりしているかなど確認も必要なのでと思います。家は人にとってとても大切なものです。
定年後も安心して暮らしたいものです。
不安事項を自分自身の中で挙げ、それを確認していくという行為も大切なんじゃないかと考えます。

注目度がUPしているハナシ。ここのホームページをチェックしてください